ジリジリと迫り来る偏頭痛|激しい痛みから逃れるために

頬に手を当てる女性

他の病気との間違い

笑顔の女性

多くの方は、頭痛とひとまとめにしている方が多いと思います。実は頭痛には大きく分けて2種類の頭痛が存在しています。1次性頭痛は、いわゆる一般的に認識されている物の殆どを含み、頭痛が常態化している方や、頭痛がストレスによって起きる場合はこちらに当てはまります。1次性頭痛には、緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛が含まれています。怖くない頭痛と言われる1次性頭痛ではありますが、それでも当の本人にとっては生活上の大きな障害となるため、治療が必要です。特に群発頭痛は、一度頭痛の発作が始まると自分で体の動きを制御することは難しく、痛みのせいで身動きが取れなくなることが殆どです。

2次性頭痛の原因になるのは、ある種病的なものなので、区別する必要があります。くも膜下出血による頭痛は、脳内の血管が破れて、そこから血液が脳に流出。それにより脳が圧迫されることにより起きる痛みです。圧迫された脳細胞は死んでしまい、半身麻痺や知能障害に陥ることもありますし、治療が遅れると死に至ることもあります。また、脳腫瘍も頭痛を伴います。これは脳に出来るがんのようなもので、腫瘍部分に他の部分が圧迫され激しい痛みが生じます。1次性の頭痛との大きな違いは、その痛みの強さや現れ方です。1次性頭痛、特に頭痛がストレスが原因で引き起こされている緊張型頭痛の場合、万力か何かで頭を締め付けられるような痛みを覚えると言われています。また、偏頭痛の場合でも、ズキンズキンと脈動するような痛みが特徴です。一方の2次性頭痛の特徴は、何かで殴られたような、強い衝撃感のある痛み、それに意識が遠のいたり、めまいなどを覚える点にあります。

二次性頭痛にはこの他にも様々なものが原因となっている場合があります。虫歯などは代表的です。これは虫歯の痛みそれ自体が頭痛となる場合と、顎関節症や、脳内に入りこんだ虫歯菌により発生した脳静脈血栓症などの影響によるものです。虫歯による食生活の変化などが頭痛のストレス性の原因となっている場合もあります。また、耳鼻科関係の頭痛というのは意外と多く、中耳炎や蓄膿症といった疾患が、頭痛をストレス以外で引き起こすことがあります。いずれの場合も、その疾患自体による頭痛と、その疾患に関連し、頭痛をストレスにより緊張型頭痛も併発している場合があるので、単なるストレスだけではないということを考えて、一度専門機関の受診も検討してみてはいかがでしょうか。